読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

N堂の備忘録

主に身の回りのことをエッセイ形式で。

【Grand Circle】9/23 グランドキャニオントレイル、ラスベガス帰着

今日はいよいよレンタカーを返却する日である。
朝は日の出を見るために5時過ぎに起床し、身支度の後に5時半頃に宿を出発してGrand view pointという箇所で朝日を拝んだ。
今朝は東の空の地平線付近に雲が少しあるものの快晴。美しい朝日を見ることができた。旅の最後の朝日だったので、心身、特に心の健康と自己実現に対するモチベーションの復活をグランドキャニオンの朝日に誓った。

f:id:ryota8803:20161024014127j:plain

続いて、宿のチェックアウトをさっくり済ませてBright Angel Lodgeに向かう。ここの裏には、Bright Angel Trailというトレッキングコースがあり、渓谷を1.5マイルほど下りることができる。
1時間くらいかけて、目的のレストポイントに到着した。そこで柿の種、ビーフジャーキーとおーいお茶を飲食し、また来た道を登り返した。

f:id:ryota8803:20161024014418j:plain

f:id:ryota8803:20161024014455j:plain

f:id:ryota8803:20161024014528j:plain

f:id:ryota8803:20161024014559j:plain


登り返しの途中、ラバに乗って渓谷を下るツアーに参加している人たちとすれ違った。皆楽しそうにしていて、カメラを向けると表情を作ってくれた。
日本のトレイルでも言えることではあるが、北米のトレイルではすれ違う登山客がとてもフレンドリーで、目が合えば微笑んでくれるし、どこから来たのと言葉を交わすこともある。心地いいコミュニケーションだ。
9時にレストポイントから登り始め、10時半頃にBright Angel Lodgeに帰ってきた。帰り道は日が少し高くなっていて、雲のない空から降り注ぐ強い日光でグランドキャニオンに明瞭な陰影がつけられ、その険しさと巨大さがより際立っていた。
そんな景色を写真を撮ったりタイムラプスを撮影したりしつつ、登りきった。

ラバにのる女性。頭にはGoPro

f:id:ryota8803:20161024014648j:plain

f:id:ryota8803:20161024014736j:plain

f:id:ryota8803:20161024014826j:plain

f:id:ryota8803:20161024014940j:plain

 

登りきった後、妻が昨日このロッジに置き忘れたノースフェースのウィンドブレーカーをlost and finding officeのドロシーさんから獲得。
マーケットプラザに移動してそこのデリで昼食をとった。昼食は、cheesy potato soup, meat ball sub, chili dogを選んだが、量が多すぎて満腹となった。

いよいよ、グランドキャニオンを出発。道端の展望ポイントをチラ見して、グランドキャニオン麓の街でガソリンを入れてからラスベガスに向かった。

f:id:ryota8803:20161024015524j:plain

f:id:ryota8803:20161024015058j:plain

グランドキャニオンからラスベガスまでは約270マイルほど。途中、セリグマンという旧ルート66の通過点だった街に寄ったり、フーバーダムを素通りしたりしつつ、ラスベガスに着いた。

f:id:ryota8803:20161024015651j:plain

f:id:ryota8803:20161024015752j:plain

実はラスベガスの宿だけはどうせ直前でも取れるから安くなるのを待ってから取ろうということで、本日セリグマンで観光中に予約していた。
レンタカーを返し、タクシーで宿に向かうと、そこはラブホテルを10倍巨大化させたようなお城だった。

ラブホ1000%

f:id:ryota8803:20161024015913j:plain

f:id:ryota8803:20161024025116j:plain

宿に荷物を置き、Bellagioというホテルまで歩いて行った。そこで、8時半頃にシルクドソレイユのOというショーの9時半からの回の当日券を購入。1人120ドルが底値であり、なかなか高い。

余談だが、ラスベガスにはニューヨークをモチーフにした、その名も"NEW YORK NEW YORK"というホテルがある。Oのチケット販売員のお姉さんに、あなた方はニューヨーク出身のようだけど、"NEWYORK NEWYORK"は実際のニューヨークと似てるの?と聞かれた。

そのお姉さん、西海岸で育ち、一度も西から出たことがなく、東海岸に行ったことがないそうだ。なんだかアメリカの新しい一面を見た気がする。

日本の関西と関東のように、お互いを行き来する必要がない大都市の出身の人は国内の別の都市のことを異国であるかのように夢想しているのだろう。

そういえば昨日グランドキャニオンのバスの中で京都からきたと思われる女の子が、友達に東京観光をしたことがあるかという話をしていた。関西の人が東京に抱くイメージは、もしかしたらラスベガスの人がニューヨークに抱くイメージに近いものがあるのかもしれない。

いずれにせよ、アメリカ人、世界中の人にとって、ニューヨークは夢の大都会なのかもしれない。

NEWYORK NEWYORKはこんなホテル。部屋どれだよおい。

f:id:ryota8803:20161024020237j:plain

Oの会場はこのホテル内にあるので、同ホテルにあるビュッフェレストランで1人40ドルのビュッフェをお腹がパンパンになるまで食べて、シルクドソレイユを鑑賞した。ビュッフェにお寿司があったのは意外だったが、ステーキやカニなど、どれもそこそこ美味しかった。

Oは水をテーマにしていて、曲芸をするステージの下がプールになっている。空中ブランコなんかで宙を舞った演者さんたちはそのままプールに飛び込む演出ができる。
体操のような無酸素運動をしたあとにそのままプールに飛び込んで無酸素を継続するのは相当しんどかろうなと思う。

ちなみに、アメリカのエンターテイメントにありがちな終盤の盛り上がりからのスタンディングオベーションはなく、さっぱりとしたエンディングだったのがアメリカのショーに慣れた身には新鮮だった。

Oを見終えてから、同じホテルの正面にある池で15分に一度やっている噴水のショーを11時過ぎから見学。砂漠の真ん中にあるラスベガスで大量の水を使ったイベントを催すのは富の顕示なのだろうか。

 

シルクドソレイユ。左で誰かも同じような写真を撮ろうとしてますな。 

f:id:ryota8803:20170226023803j:plain

Bellagioと噴水のショー

f:id:ryota8803:20161024020203j:plain

 

すべてのショーを見終え、cvs pharmacyでバドワイザーを買って飲みながら帰り、部屋についてからは翌日の準備をすることもなくすぐに休んだ。