読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

N堂の備忘録

主に身の回りのことをエッセイ形式で。

【Grand Circle】9/18 ブライスキャニオン国立公園へ

旅行記

朝はゆっくり8時半の起床。シャワーを浴びたのち朝食。ロッジには朝食が付いていて、レーズンベーグルとコーヒーとオレンジジュースを摂取。

 

車でザイオンビジターセンターに移動し、そこからシャトルバスで10分ほどかけてCourt of patriarchsに移動した。ここのバス停のすぐ裏手にある展望ポイントから三つの岩峰が並ぶ姿をチラッと眺め、再びビジターセンターに戻る。

f:id:ryota8803:20161010051733j:plain

f:id:ryota8803:20161010051852j:plain

12時頃に再び車に乗り、ザイオン国立公園の中を抜けてブライスキャニオンへと向かう。ザイオン国立公園の中のドライブもまたとんでもない景色だった。

ほとんど360度を褐色の岩山とまばらに生える緑の木々に囲まれ、そのなかを縫うように進み、時には岩山に開けられたトンネルを抜け、ビッグホーンシープなどに遭遇しながら公園を脱出した。

f:id:ryota8803:20161010052003j:plain

f:id:ryota8803:20161010052200j:plain

そこから1時間半ほど進んだ先にブライスキャニオン国立公園はある。ブライスキャニオンは、無数の赤い岩の尖塔を眼下に見下ろすことが出来ることが特徴だ。
まずは本日泊まるモーテルにチェックインを済ませ、シャトルバスステーションに移動。
そこに車を置き、シャトルバスでInspiration pointに向かった。そこからはブライスキャニオンの代表的景観である岩の尖塔を見下ろすことができる。

f:id:ryota8803:20161010052340j:plain


続いて、トレイルを少し移動し、Sunset pointに着き、Navajo loop trailを歩いた。ナバホループトレイルは、まさに先ほど見下ろした岩の間を歩いて下まで降りて巡るルートである。細長かったり先の方だけが太くなったりしている岩の柱は見応え十分。同じタイミングで来ていた日本人ツアーの皆さんもとても盛り上がっているようだった。

f:id:ryota8803:20161010052512j:plain

f:id:ryota8803:20161010052537j:plain

f:id:ryota8803:20161010052645j:plain

ナバホループトレイルを終え、夕日に照らされるブライスキャニオンを鑑賞してからモーテルに戻った。

f:id:ryota8803:20161010052811j:plain

モーテルのフロントも兼ねているステーキレストランで、CutthroatとHoo dooという地元のビールと、ハンバーグステーキ、トラウトを蒸したものを食べた。

f:id:ryota8803:20161010053027j:imagef:id:ryota8803:20161010053058j:image


明日は日の出を見るため、早々に準備して寝た。