読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

N堂の備忘録

主に身の回りのことをエッセイ形式で。

【Canadian Rocky】9/16 カヌー、カツカレー、Trans-Canada highway

今日はカナディアンロッキーの最終日だ。ジャスパーからカルガリー国際空港まで、420kmの道を車で移動する必要がある。

宿をチェックアウトし、まずは朝一番で、ピラミッド湖というジャスパーの街から数キロのところにある湖に向かい、そこでカヌーに1時間ほど乗った。水曜どうでしょうユーコン川下りを思い出し、妻と「ミスターがんばれ!」などと声を掛け合いながら1時間ほど楽しんだ。

f:id:ryota8803:20161010035404j:plain


天気がとてもよく、ピラミッドマウンテンが湖面にとても鮮明に写っていたのが印象的だった。

f:id:ryota8803:20161010035319j:plain

続いてジャスパーの街に戻り、さゆりという日本食料理屋でチキンカツカレーwith天ぷら小鉢を食べた。山といえば、やっぱりカツカレーでしょということで、どうしても食べたくなってしまった。凄まじい量で満腹。
天ぷら小鉢についていた、人参とピーマンとブロッコリーの天ぷらは生まれて初めて食べた。

f:id:ryota8803:20161010035516j:plain

 

ここからが大移動の始まり。まず3時間強をかけてバンフに向かう。僕は猛烈な眠気に襲われてしまい、妻にその行程のほとんど全てを運転してもらってしまった。天気は快晴、ロードサイドの景色も抜群にいいのに、僕は助手席で1時間くらい寝ていた。

レイクルイーズからバンフまでの区間は、ハイウェイ1号線を少し外れ、旧国道の1A号線を走った。その道すがら、キャッスルマウンテンという西洋のお城のような形状をした山を見たり、計画山火事(Fire in here, do not reportという看板があり、煙が上がっている場所の近くに暇そうな消防車があった)に遭遇したりできた。総じて、ただの移動というわけではない、充実の道程だった。

 

キャッスルマウンテン

f:id:ryota8803:20161010035616j:plain

バンフでは、お土産屋さんに少しだけ立ち寄り、すぐさまカルガリー国際空港に戻った。

バンフからカルガリーまでの道は、左右に牧草地が広がる広大な大地に一本太い道路をただただ東西に横たわるよう敷きましたというような高速道路である。名をトランスカナダハイウェイという。正確にはトランスカナダハイウェイはバンフから先もつづいているのだが、とくにバンフからカルガリーまでの区間の一直線ぶりがすごい。
ここを"制限速度"時速110kmで駆け抜ける。

 

カルガリー国際空港には7時前に迷うことなく着いた。ナビなしでも、Wi-Fiで一度探索したルートを決して外れないようにしたり、地球の歩き方の地図を参考にしたり、道路標示を見逃さないようにすれば、意外となんとかなるもんだった。ただ、地図の読める相方は必須。

空港から本日の宿まではバス停に設置されている電話から宿に電話してシャトルバスを呼び寄せる。10分ほどで宿に着き、併設のイタリアンレストランでカルボナーラとシーフードスパゲティを夕飯に食べて、部屋に戻って昨日残した白ワインを飲んで寝た。

 f:id:ryota8803:20161010040130j:imagef:id:ryota8803:20161010040059j:image

明日はいよいよアメリカに戻る。
さらばカナダ。さらばkm表示。