読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

N堂の備忘録

主に身の回りのことをエッセイ形式で。

トレッキング着手

旅行記 アメリカ暮らし

 

少し前に、トレイルランニングシューズを購入した。

登山靴は持っているが、サイズが少し小さくてつま先が痛くなるという問題があることと、登山靴を必要とするような山にはアメリカにいる間はおそらく登らないため、低山用の靴が欲しかったというのが主な動機だった。あとはグレートトラバースの田中陽希さんに触発されたというのが裏の動機である。

そして7月頭、MERRELLのトレイルランニングシューズを購入。

f:id:ryota8803:20170220092315j:plain

更に、6月末にはNY州のDriver’s licenseを取得した。

これは随分と時間がかかった。5月頭に筆記試験を受けて合格。ここで仮免許のようなものを取得できる。その後、自動車学校のようなところで5時間講習を受ける。NYではFuji Driving schoolというところが日本人向けに日本語での5時間講習を開催しており、これを筆記試験合格直後の5月7日に受講した。

その直後に実技試験の予約。これはFuji Driving schoolが担ってくれるのだけど、6月の28日まで予約が取れないとのことで、2か月弱待つこととなった。夏の免許取得の予約はこれが普通らしい。

そして6月28日、試験直前にこれまたFuji Driving schoolの実技講習を1時間受け、アメリカ人の教官を助手席に乗せて10分程度実技試験を受けて合格した。この時点では、ペラペラの紙で仮ライセンスが渡される。これでも運転はできるのだけど、免許証のカードは合格からさらに1か月後の8月頭にようやく届いた。

一つ一つのステップは簡単なくせに、実際の免許取得まで丸3か月もかかった。

 

そして、7月30日、ついにアメリカでのトレッキングデビューを果たした。

初回はBear Mountain。標高393m。丘ですねこれは。

f:id:ryota8803:20160822031543j:plain

f:id:ryota8803:20160822031804j:plain

 

2回目はMinnewaska State Parkを散策。トレイルをちょっと走り、トレイルランニングの味見をした。

f:id:ryota8803:20160822032522j:plain f:id:ryota8803:20160822032834j:plain

 

そして3回目は昨日、Pine Meadow LakeというBear Mountain State Parkにある湖周辺のトレイルを散歩。これはガチでただの散策だった。

f:id:ryota8803:20160822033308j:plain

f:id:ryota8803:20160822033403j:plain

 

日本で3000m前後の山に登っていたのに比べると物足りないものの、異国の地でトレッキングの勝手がわからない以上はあまり冒険できないのも事実。また、そもそも東海岸アパラチア山脈という、なだらかな山脈の代名詞のような山しかないので、あまり高所の展望には期待しないほうがいいのかもしれない。少なくとも米国東海岸は、どちらかといえば、登山よりもトレイルランニングがメジャーなのだと思う。

 

今度は誰かの紹介でもう少し本格的なトレイルランニングか、標高があって展望のいいところに行ってみたいものだ。

 

来月はカナディアンロッキーに行く予定なので、そこでどのような違いを感じることができるか、楽しみ。

 

【おまけ:レンタカーの車窓から】

Minnewaska state parkの外観 

f:id:ryota8803:20160822033917j:plain

Freeway的なん

f:id:ryota8803:20160822034043j:plain

Riverside drive 奥に見えてるのはハドソン川

f:id:ryota8803:20160822034424j:plain